貿易事務の資格は就職に有利!今からでも遅くない

ないよりあった方がいい

資格がなくても、英文でメールが打てたり、返信できたりなどの業務ができれば貿易事務で仕事をすることは可能です。しかし、資格があると就職に有利なのは間違いありません。

貿易事務で活躍する資格トップ5

婦人
no.1

誰でも受験可能!有益になる資格STCのAssociate

貿易事務で輸出を担当する際に必要となるのがSTCのAssociateです、初級は結構簡単ですが、中級クラスになると、難しくなります。取得しておいても損しない資格なので就職に役立てるためにも検討しましょう。

no.2

国家試験を取りたい方は通関士がおすすめ

貿易事務関連の資格で国家試験なのが通関士です。これに合格しないと、自身のこと通関士と名乗ることはできません。それぐらい重要な資格となっています。学生の場合、この資格が就職先を決めるカギなるので受ける人が非常に多いです。

no.3

マーケティングに欠かせない資格

マーケティング関連の試験では、実務検定が安定の人気を誇っています。さらにランクによって、運営ができるかどうかが分かれるため、ステップアップのために、ランクを踏んで試験に挑むという方が後を絶ちません。

no.4

外国為替の基礎知識がつく銀行業務検定

誰でも受験可能で、外国為替における知識を身に付けられるとして安定の人気を誇っています。外国為替については貿易業務でも深い関わり合いがあるため、取得しておくと後で役立ちます。

no.5

空港で働きたい方必見の国際航空貨物取扱士

運送スケジュールおよび、運賃計画などを手掛けるために必要な資格となります。主に、航空貨物を取り扱う仕事がしたい方向けで、関連書類の作成方法、梱包などの専門知識が問われます。国際資格としての知名度が高い他、更新試験の場合、一回しかチャンスがないので気合が入ります。

貿易事務の資格は就職に有利!今からでも遅くない

女性

資格を取得するための勉強

貿易事務の資格を取得するためには、自分でしっかり勉強する必要があります。効率よく進めるためには、過去に出た問題をすべて解いていくこと、ネットで公開されているテキストをすべて読むことです。過去問を間違えた場合は、正解するまで何度も解いていくことで自然と頭に焼き付けることができます。付箋を貼っておくと、復習しやすくなるでしょう。

履歴書

一番難しいのは通関士

数ある資格の中で最も難易度が高いのは、通関士です。合格率は例年に比べると9%前後で狭き門であることがわかります。各科目60%の得点が必要なので、勉強をしないで挑むと落ちるのは目に見えています。そのため、通信教育などを利用してしっかり学習することが必要です。

メンズ

英語ができるようになることも大切

貿易事務の仕事は、外国の方とも話をする機会が多いので、業務で支障が出ないくらいの英語力を身に付けておく必要があります。英語関連の検定でスコアが500から600点以上あると業務に支障をきたさないくらいの英語力があるとみなされます。

講師の元で資格の勉強をするメリット

履歴書

わからないところを質問できる

独学の場合、わからないまま前へ突き進んでいく傾向にあるためいざ試験になると、点数が稼げず落ちてしまうことがよくあります。通信教育や講座の場合、資格の勉強をサポートしてくれる人が多数いるため、分からない部分をしっかり理解することができます。

カリキュラム内容がしっかりしている

いつまでに内定をもらいたいと目標を立てている場合もありますから、効率よく学べる方がいいでしょう。通信教育や講座では、貿易事務の資格を取るためのカリキュラムがすでに用意されているのでその通りに勉強すれば、落ちることはほぼありません。

同じ目標を掲げる仲間と出会える

貿易事務の仕事を夢に、日々資格の勉強を行なう人達と巡り合えるのは、セミナーなど講座の魅力です。お互いに就職先の情報を交換したり、共に勉強をしたりなど辛い時も仲間で乗り越えられるでしょう。

広告募集中